水力発電
日本の水力発電事情

水力発電は温室効果ガス(二酸化炭素)の排出の少ない環境負荷の低い優れた発電方法です。しかし、ダム式の水力発電は比較的大きな電力を生み出しますが、川をせきとめ山間に大きな貯留池を作る必要があるため、自然破壊の観点からは懸念事項が多いと言えます。しかし今ではこういった自然破壊の少ない小水力発電の開発が進んでいます。

水力を用いた産業エネルギー生産技術は既に90%に達したといわれています。したがってこれから水力発電が日本の発電方法の主力となることは難しいでしょう。しかし多くの先進国では再生利用可能エネルギーとしての水力発電を見直し、既にある水力発電所の改修や再開発をして大水力で発電する水力発電所から小水力で発電可能な施設への移行を進め始めています。

そしてこの傾向は今後も続いていくと思われます。また環境アセスメントの観点からも魚や蛙が通過できる水車や水質改善の為に攪拌して空気泡を河川に注入する水車など、新しい環境調和型水力発電が普及していく可能性があります。もしかしたら里山のふもとの小川には発電の為の水車小屋がある。。。

そんな環境美化にも役立つ古き良き時代の景色が最新の技術で蘇るかもしれません。ちょっと小難しい話をすれば、水車ランナの周速度は運転落差によって決まります。という事は水車の径を大きくすれば水車の速度はゆっくりでも小水力発電は十分可能な理屈になります。

そうすることで魚が通りやすく自然環境に優しい新しい水車の需要が高まる可能性が出てきます。また水車が回転することで河川には沢山の酸素が送り込まれることになり、水質改善や農業用水の確保などにも一役買うことも期待されますのでメリットの大きな次世代発電への期待が高まります。