水力発電
水力発電とは

水力発電とは水が高いところから低いところに落ちる水の流れで水車を回し発電する仕組みです。日本は元々美しい水自然に恵まれた土地です。豊富な水資源をたくみにりようしたのが水力発電です。

火力発電所や原子力発電所の多くが海の側にあるのですが水力発電所は山間部に多く建てられています。登山者にはおなじみの発電所かもしれませんね。先述したとおり水力発電は水力で水車タービンを回して発電する仕組みです。

今では殆ど見かけなくなりましたが、昔の日本の山村では小川のほとりに水車小屋を建て、農作業に利用していました。水車小屋では滑車の原理を応用して農作物の脱穀や粉引きに使っていましたがその応用が水力発電です。自然エネルギーを利用する水力発電は電力需要の変動に対応しにくい発電方法です。従来では大型のダムを建設してダムに貯留した水を大量に放出することで発電します。

したがって一度ダムの水位が下がってしまったり、干ばつでダムが干上がったりすると発電需要に対応することが困難になってしまうのです。しかし最近では水をせき止めるだけではなくくみ上げることで水位を確保するなど様々な工夫を重ね電力需要への対応も行われています。ダムを利用した貯水池式発電の他には河川の流れをそのまま利用する流れ込み式(自流式)発電や、河川の流量を調整する調整池式、発電所の上下に調整池を作り夜間に水を汲み上げ、昼間に放流して発電を行う揚水式などがあります。

現在日本の発電は9割を火力発電と原子力が占め、残りの1割を水力や風力、地熱などを利用した再生利用エネルギーでまかなっています。