太陽光発電
メガソーラー発電

次世代のクリーンエネルギーとして最も開発が進んでいるのが太陽光発電です。現在太陽光発電の取り組みの中心は一般家庭で行われています。家庭の屋根に太陽光パネルを取り付け(補助金制度あり)、各家庭で消費する電力を自給自足しようというのが現在の太陽光発電への取り組みですが、更なる太陽光発電普及を目指した動きとして発足したのがメガソーラー発電計画です。

家庭単位の太陽光発電でまかなえる発電力は大体2kWから4kW程度ですが、使われていない工場屋根や土地を利用して、一箇所で1000kW~20000kWの発電能力を持つ大規模な太陽光発電施設を作ろうとする取り組みのことを言います。

現在この取り組みを公表しているのはNTTファシリティーズや各電力会社で、電力会社10社では共同で2020年までに全国約30箇所で約14万kwの太陽光発電プラントを設置することが計画されています。

14万kwの発電量と言うのは年間発電量に換算すると、4万件分の家庭消費電力をまかなえることになります。またNTTファシリティーズでは現在長野県佐久市や高知県、山梨県北杜市などの自治体と協力して大規模なメガソーラー発電の事業モデルを展開しています。

一例として、長野県佐久市のモデルでは市内5箇所の工場の屋根全体に太陽光発電システムを導入し、太陽光発電プラントによる市内へのエネルギー供給、佐久ブランドの環境付加価値商品やサービス開発の支援、地元の子供たちを対象とした環境教育などに取り組んでいます。

これらの環境事業と一般家庭の太陽光発電とを結びつけて低炭素社会を目指しているのです。