太陽光発電
太陽光発電とは

太陽光発電とはこれまでの火力、原子力、水力発電に次ぐ次世代の発電方法として注目されています。火力発電のように化石燃料を消費してCO2を排出して大気汚染や地球温暖化の原因となることも無く、原子力発電のように危険な放射性廃棄物を出すこともなく、同時に放射性廃棄物を廃棄するための施設を必要ともせず、水力発電のように大規模ダムの建設で町や村が失われたりすることもない夢のエネルギーと言われています。

発電源は言うまでも無く太陽の光です。太陽は地球に降り注ぐ無料かつ無尽蔵のエネルギーであり、太陽が存在している限り半永久的にエネルギーの供給が可能です。また、各家庭の屋根に太陽電池パネルを設置することで家庭で必要な電力をまかなうことが可能で、余剰分に作り出した電力は電力会社に売ることが出来ます。

したがって大規模な発電施設を必要とせず、発電の為に有害な物質を空気中や水資源に排出することが無いため非常に低コストでクリーンなエネルギーなのです。政府は京都議定書に基づく地球温暖化防止の為の切り札として位置づけ、一般家庭が太陽光発電システムを導入する際に補助金を支給することを決定しました。

これまで発電所が発電している電力は、蓄電することが出来ませんでした。しかし太陽光発電システムではデバイスをコンパクトにすることでバッテリーと組み合わせ、家庭用電力をまかなえるレベルまで到達しています。また太陽電池といえば黒が相場でしたが最近では透明な硝子状の太陽電池の開発も実現していて、ビルの壁面を覆うことでそのビル一棟丸ごと発電出来るようなより高出力な太陽光発電システムの実験が行われています。