各発電のメリットデメリット
エコ発電のメリットデメリット

エコ発電のメリットは再生可能エネルギーであるということです。火力発電の場合、燃料を燃やしてしまうと再利用は出来ません。原子力発電の場合は放射性廃棄物が生じてしまい、安全面で大きな不安が残ってしまいます。その点再生可能エネルギーの場合、使用されるエネルギーは太陽光、水、風、地熱、振動、空気などほぼ半永久的かつ無尽蔵にエネルギーを利用することが可能です。

また環境負荷も少なく地球温暖化防止のためには今後ニーズはますます高まっていくでしょう。世界的にみてもクリーンエネルギー戦争と言っても良いほど次世代エネルギー開発事業に力を入れ各国がしのぎを削っています。ところで火力発電も再生可能エネルギーとしても考えることが出来るのをご存知でしょうか?

毎日大量に発生する可燃ごみは放置しておくとメタンガスなど環境に悪影響を及ぼす有毒ガスが発生します。そこでこれまで燃やすだけだった可燃ごみを火力発電の燃料として用いようという試みです。リユースと言う意味では可燃ごみも立派な燃料なのです。

これを効率的に行うには各家庭でのゴミの分別が必要です。きちんとゴミは分別して出しましょう。しかし、可燃ごみをリユースするというのでは火力発電の二酸化炭素発生問題は解決されていません。これは大きなデメリットですね。なによりもエコ発電の最大のデメリットはまだ、実用レベルに達している発電方法が少ないということです。

今後は更なる技術革新でより転換効率の高いエコ発電技術を確立させて、原子力発電所や火力発電所に取って代わって行くことが望まれています。