各発電のメリットデメリット
水力発電のメリットデメリット

水力発電は二酸化炭素などの環境汚染ガスを発生させないと言うのが最大のメリットです。地球温暖化防止の為には有効的なクリーンエネルギーだと言えます。また火力発電や原子力発電など日本の電力需要の9割をまかなっている発電方法では蓄電が出来ません。

しかし水力発電の揚水式発電や調整池式発電などではエネルギー保存の法則に沿って蓄電が出来るというのが大きなメリットです。そして小発電方法であれば導入コストも安く、また水車を利用した発電では水質改善など環境面での大きなメリットが図れます。

一方デメリットが多いのも水力発電の特徴です。貯水池式発電や調整池式発電などでは川をせき止めて大規模なダムを作ったり、調整池を作ったりしなければならず環境破壊や生態系への影響が懸念されます。

ダム建設によって故郷が水の下に沈んでしまったという悲しい思いをした人達が沢山いました。水量によって発電量が変わってしまうというのも大きなデメリットです。これでは安定した電力供給が見込めません。先進国では90%以上の水資源が水力発電として開発済みだと言われています。つまりはこれ以上水力発電を促進するためには更なる技術面でのブレイクスルーが必要、あるいは既存の水力発電施設をより効率のよいシステムへ改造していく必要があります。

インフラの整備に相当な時間がかかってしまうのもデメリットですね。いずれにしても工業国である日本の発電施設として水力発電が主力発電となることは今後も難しいでしょう。補助的な発電や

緊急時の為の発電方法としての位置づけになってしまうというのが水力発電の現状だと思います。