各発電のメリットデメリット
太陽光発電のメリットデメリット

太陽光発電のメリットはなによりも二酸化炭素ガスなどの有害物質を排出しないクリーンなエネルギーであるという点でしょう。そしてエネルギー源が太陽がある限り尽きることが無いということも大きなメリットです。家庭単位での発電が可能と言うのもマクロな観点では大きなメリットの一つです。

各家庭や街中のビルなどに発電施設を設置することで建設と維持に莫大な費用のかかる発電所が必要なくなるからです。将来的には現在休止中の原子力発電所や火力発電所などを順次廃炉にしていきメガソーラー発電用の施設として利用できる可能性があります。

化石燃料の輸入にかかるコストや人件費、施設維持費などのコストを削減できると電気代が下がります。また、家庭で発電した電力のうち日中に使用してあまった分の電力を電力会社に売ることが出来る制度もスタートしています。電気エネルギーの自給自足が出来ればお財布にも優しいですね。

メリットもあれば当然デメリットもあります。エネルギー事業としての導入コストはトータルで安いと試算できても、実際各家庭で太陽光発電システムを導入するにはかなりの個人負担がかかります。

現在の太陽光発電システムだと導入コストを償却できるのは20年とも言われています。政府は補助金を出すなどして対応していますが、これが太陽光発電システムの普及を妨げている一番の原因です。

またシステムとして根本的な弱点があります。それは太陽が出ている時でなければ発電できないことです。一般家庭レベルではバッテリーを併設することである程度の蓄電は可能ですが、梅雨時や東北地方の冬場など天候が不順な時が続くとあまりメリットが感じられないという懸念もあるのでしょう。

今後は太陽電池パネルのエネルギー転換率が上がりもっと効率よく発電できれば余剰分の電力を売ることでもっと償却期間が短くなるので導入のメリットも大きくなると思われます。