火力発電
ガスタービン発電

ガスタービン発電は蒸気ではなく燃料ガスでタービンをより高速で回転させ発電させる方式です。汽力発電に比べ高出力なので、電力消費がピークを迎えるときに使われています。

ちょっと聞いただけでは汽力発電との違いが分かりづらいですが、汽力発電が外部で発生させた蒸気をタービンに吹き付ける外燃機関なのに対して、ガスタービン発電は、高温に熱せられたガスの流れによりタービンを回転させる内燃機関である点で相違します。

ガスタービンは「ガスタービンエンジン」とも呼ばれていて、飛行機のジェットエンジンにも採用されています。ガスタービン発電のメリットは小型で高出力であるというところです。同じような内燃機関構造を持つディーゼルエンジンに比べた場合にも窒素酸化物や炭化水素の制御が行いやすい、省スペース化が可能などの利点があります。

最近ではガスタービンを用いた火力発電所では、コンパイルドサイクルを採用する施設が増えてきました。コンパイルドサイクルとはガスタービンの特徴でもある排気温度の高さを利用して、廃熱ボイラーで回収された排ガスを利用し、高温の蒸気を発生させ汽力発電に再利用して発電を行うというものです。

この方式を用いればガスタービン単体で稼動させるよりも熱効率が良く、東北電力新潟火力発電所では世界最高レベルの熱効率を誇る発電施設があります。また発電以外でもガスタービンの始動時間の短さを利用して緊急災害時にポンプ駆動用の動力として用いるほかウオータージェットエンジン(高速船の推進装置)の動力としても利用されています。