エコ発電
風力発電

風力発電とは文字通り風の力を使って発電するシステムです。基本原理は風車に風を当てた時に発生する回転エネルギーを発電機に伝えて発電するというものです。風力発電もCO2を出さないクリーンな発電方法です。

設置時の環境負荷も少なく、空き地と風が強い場所ならどこでも設置できるというメリットがあります。(同時にこれはデメリットでもあるのですが)風力発電は風が止んででしまうと電力供給が出来なくなってしまいます。一年を通じて一定の風が吹く場所なら問題ないのですが、四季があり台風が通過する日本では風力発電に適した土地が少ないのが現状です。

このように自然環境に左右されやすいのが最も大きな欠点でしょう。またまとまった電力を確保するためには何台もの風車を設置できる広い場所が必要です。風力発電は世界的にみれば再生可能エネルギーの中では最も普及している発電方法の一つです。

しかし日本のように山間部が多い国では設置場所の確保には森林伐採や海を埋め立てるなど自然破壊と生態系への影響が懸念されているため国内での発展は難しいかもしれません。しかし、現在大都市の再開発計画が持ち上がっています。

これは災害に強い都市づくり計画で、特に火災とヒートアイランド現象に対して河川を中心に風の通り道を作ると言うものです。これが実現化する見通しが立てば、風の通るルート沿いに風車を建てることで都市部の電力供給に一役買うことが出来るかもしれません。東京や大阪の河川沿いに美しい風車群が並ぶ景色を想像すると何だか楽しくなってきますね。