太陽光発電の比較
東芝

東芝の太陽光システムは朝や夕方の太陽光の弱いときでもしっかりと発電できることがセールスポイントとなっています。また設置する屋根のタイプによって3つの発電力プランから選択できる選択肢の多さも魅力ですね。

また一般的な太陽電池パネルのモジュールに比べてフラットな仕上がりで表面にハンダ跡や電極が見えていないスマートなデザインになっています。また設置場所をコンパクトにまとめているのは最近の太陽光発電システムの特徴で、東芝もここには力を入れています。

またメーカー公称で従来の一般的なモジュールに比べ発電効率が20%アップしています。ただしこれは最近の大手家電メーカーなどでは大体同様の数値を示しているので一般的な仕様だといえますメンテナンスに関しては太陽電池パネルが汚れにくい仕様となっているため、特別な手入れは必要ないとの事ですが、長期間の使用を前提の場合1年目と4年ごとの有償メンテナンスを勧めています。

これは他のメーカーでは標準仕様にメンテナンスを含めていたり、インターネットを使った保守点検サービスを提供しているメーカーに比べるとディスアドバンテージになりかねない要素だと思います。

また他のメーカーでは10年保障の他に20年保障を謳っているメーカーも多いのに対して東芝は10年保障だけで購入後のサポート面では他社より遅れていると言わざるを得ない状況だと思います。運転状況の表示ユニットのインターフェイスは他社と比べてそん色ない一般的レベルだと思います。

アイコンやイラストなどを使ったりユニット上部にインジケーターが表示されていて色で運転状況がつぶさに分かるなど使い勝手の工夫が見られます。また発電量、消費量、売電・買電の電力量の総積算値をCO2排出量や石油使用量に換算して表示してくれるのはユニークな機能です。設置に当たっての見積もりをメーカーホームページ上でシュミレーション出来るのはとても良い点だと思います。