太陽光発電の比較
Panasonic

パナソニックもいわずと知れた日本を代表する家電メーカーです。元々パナホームの名前で住宅建築のノウハウもあり、このような家庭用発電機材を扱うのには最適のメーカーと言えるでしょう。またパナソニックブランドでハウスデザインから家電までトータルにコーディネイトすることが出来るのでハイセンスな主婦にはうれしいメーカーだと思います。

また技術力も確かで太陽光発電システムも設置環境に合わせた複数のシリーズ展開はユーザーにとってメリットになると思います。HITシリーズには自社開発した「アモルファスシリコン」を採用しハイブリッド構造にすることで電子の動きをスムーズにし、ノイズを低減させることで発電ロスを大幅に減少させています。

この技術によって世界最高水準のモジュール変換率を達成しています。これは同じ発電量に換算するとより少ないパネルで済むことから省スペース化とデザイン性を両立させています。また屋根にかかる荷重を軽減させているので住宅耐久年数の点でも優れているといえるでしょう。ところで太陽光発電システムの意外な弱点が熱だということをご存知だったでしょうか?

パネルの表面温度が上がりすぎると発電効率は落ちてしまうのです。HITシリーズではこの弱点を克服。優れた温度特性で高温でもしっかりと発電可能な仕様になっています。またエネルギーモニターは簡単操作で太陽光発電の様々な情報が分かるようになっています。またパナソニックの太陽光発電システムは設置条件や希望条件によって2つのシリーズから選ぶことが出来ます。

よりハイスペックなHITシリーズとスタンダードな多結晶154シリーズで、154シリーズはコストパフォーマンス重視の設計になっています。