太陽光発電の比較
シャープ(SHARP)

今や液晶テレビを中心に日本を代表する家電メーカーへと成長したシャープです。昔から独創的な商品を開発し続けているメーカーで、太陽光発電の開発研究は50年以上の歴史を持ち、蓄積されたノウハウはかなり高く、地上から人工衛星用の太陽光パネルまでを手がけるなど世界の太陽光発電をリードしている企業です。

政府が新たなエネルギー政策として太陽光エネルギーの一般家庭への導入促進の為に補助金を交付する制度を打ち出してから、家を新築するときに太陽光発電を検討する人が増えてきました。太陽光パネルで長い歴史と実績のあるシャープは信頼と性能で多くの住宅メーカーに採用されています。

インターネットを通じてメーカーが各家庭に配置されている太陽光発電システムを見守るwebモニタリングサービスが特徴的です。定期的にメーカーがメンテナンスを行うために各家庭を訪問することもなくシームレスに保守点検を行えるのは評価出来る点でしょう。また同サービスを使うことでユーザー自身でもシステムの運転状況や発電状況を確認する事が出来ます。

ただしこのサービスを受けるためには別途申し込みが必要なこと、10年保障制度に加入することが条件付けられており、手続きの煩雑さをどう軽減するかは今後の課題といえそうです。太陽電池パネルを屋根に複数設置した場合、発電した電気を直流から交流へと変換するための装置(パワーコンディショナ)が設置した枚数分必要になりますが、シャープでは太陽電池パネルを造設した場合でもパワーコンディショナは一台でまかなうことが出来るので追加設備の必要がありません。